バリアブル印刷について

未分類
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。圧着DM仕事人の松田です。
本日ですが、最近弊社でもよくお客様よりお問い合わせを頂いております“バリアブル印刷”に関しましてご紹介させ頂きます。

バリアブル印刷ってなに?

バリアブル印刷ですが、英語では「Variable Data Printing」「Variable Information Printing」と表記します。
Variableは「変えられる」「可変的な」という意味で、データに基づいて内容を変えて印刷を行うため、可変印刷ともいいます。

データに基づいて内容を変えて印刷といわれても、なかなか想像ができないかもしれませんが、例えば年賀状の宛名印字の際、Microsoft OfficeのWordなどで宛名の位置を決めておいて、そこにExcleの住所データを読み込ませる差し込み印刷という機能が、身近なバリアブル印刷になります。

バリアブル印刷でどんなものができるの?

バリアブル印刷を取り入れることでどんなことができるのか、具体的な実例をいくつかあげてご説明をさせて頂きます。

名刺
これまで名刺を作る際には、1人1人ごとにデザインデータを作っていたかと思います。
ですが、このバリアブル印刷を取り入れることによって、デザインの雛形を作るだけで、そこに社員ごとに所属部署、役職名、氏名、電話番号、メールアドレスなどのデータを変更して印刷することができます。
そのため社員1人1人の名刺のデザインデータの作成の手間や管理が省けます。
また、営業部署と事務系の部署では最低必要枚数は異なると思います。
少ししか必要としない部署によっては、バリアブル印刷で対応したほうが費用を抑えられる場合もあります。

キャンペーンの案内
プロモーションの一環としてDMなどでキャンペーンのご案内をお送りすることは多いと思います。
バリアブル印刷で対応することによって、お客様1人1人オリジナルの嗜好に合わせた商品やその画像、クーポンなどの印刷が可能となり、より効果的なDMを作成することができます。

チェーン店ごとの案内
広いエリアで展開している量販店がDMをお送りする際に、基本的なキャンペーンの内容は同じだとしても、宛先にあわせて、お近くの店舗の情報の内容は異なります。
バリアブル印刷で対応することによって、店舗ごとに1つ1つデザインを作成することなく、全店舗共通のデザインベースを作り、お近くの店舗情報の表示部分だけバリアブル印刷の対応をすることによって、簡単にそれぞれの店舗ごとのDMを作成することができます。

応用可能なバリアブル印刷

ダイレクトメールといいますと、不特定多数に対して同じ内容を伝えることが多く、時にはお客様に合ってない情報をお送りしてしまうこともあります。
しかしバリアブル印刷を追加することによって、よりパーソナライズされた内容が可能になります。
料金は通常の同じ内容でお送りするものと比べますと少し割高にはなってしまいますが、より確実に効果的な伝達や宣伝を行うことができます。

圧着DM仕事人では上記の実例以外もバリアブル印刷を活用した印刷の実績を重ねながら、多種多様なお客様からのご要望に応えられるために今もなお進化し続けております。

また仕様が固まってなくても問題ございません。
バリアブル印刷に関してのご相談やお問い合わせを受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください!

▼お問い合わせフォーム
https://www.dm-cluster.com/inquiry/

▼お電話番号
0776-67-7760 (平日:9:00~18:00)

最後までお読みいただきありがとうございます。
少しでも参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました