用紙についてご紹介いたします

DMの基礎知識
この記事は約3分で読めます。

用紙の種類が多すぎる為、この時にはどのような用紙を選択するといいのかなと悩んだことはありませんか?

用紙はかなり多くの種類がある為、全部ご紹介させていただくことは難しいですが、ダイレクトメールでよく使用される用紙についてご紹介させていただきます。

用紙の種類・特徴について

ダイレクトメールやチラシで使用される用紙には下記3種類がよく使用されます。

コート紙

用紙自体の光沢が特徴で、写真や色の再現性に優れています。また、手触りはツルツルとしています。

紙の色味は、少し青味がかっているような白色です。
鉛筆などで書き込んだり、スタンプを押したりする事には適しておりません。

一般的に最も多く用いられている用紙です。

マット紙

用紙表面は、光沢が抑えられておりコート紙に比べると少し黄色っぽくなっており、手触りはさらさらしています。
筆記性に優れているため、鉛筆・ペンなどで文字などを書き込むことが可能です。
スタンプなどの捺印も可能です。

光の反射による紙面のちらつきが少ないため、パンフレットや会社案内、冊子など文字の多い紙面デザインによく使用されます。
コート紙と比べると色味が全体的に少し沈んだように仕上がりますが、上質紙よりも発色は良好です。しっとりしたマット調なイメージを再現したい場合にマットコート紙がおすすめです。

上質紙

色味は白色系で、さらさらとした手触りをしています。
筆記性に優れているため、鉛筆・ペンなどで文字などを書き込むことが可能です。
スタンプなどの捺印も可能です

各用紙のおすすめ用途・特徴について

用途によって用紙を変えていただくことをおすすめさせていただいております。

どのような用途の時に多く使用されることが多いのか、用紙の特徴を含めご紹介させていただきます。

コート紙

  • 各種イベントのチラシやフライヤー、ポスター、パンフレット、ダイレクトメール等に使用されます。
  • 他用紙に比べ光沢感が強く高級感が出る為、宝石や貴金属などを掲載したい場合によく使用されます。
  • 新聞などに折り込まれるチラシによく使用されます。

マット紙

  • 展示会やイベントのチラシやフライヤーとして使用されます。コート紙に比べ光沢感が弱い為、コート紙よりも落ち着いた色味に仕上がります。
  • パンフレットや会社案内など、文字の多い紙面デザインに。マットな質感で高級感ある仕上がりをご希望される場合に使用されます。
  • 光の反射が少ないので、文字が読みやすくなります。

上質紙

  • インキが適度に紙に吸われ光沢が抑えられるため文字の読みやすい紙面に仕上がります。フリーペーパーなどによく使用されます。
  • アンケート用紙やFAX申し込み用紙などに最適です。
  • 一般的なコピー用紙と同じようなの質感です。

まとめ

用紙を選ぶときのポイントをまとめると、下記になります。

・ツヤツヤとした光沢のあるチラシを作りたい
【コート紙】 ※紙自体に光沢感がある

・写真やイラストが多く、高級感を出したい
【コート紙】 ※光沢感がある為、高級感に優れる

・写真も文字もどちらも多くあるデザイン
【マット紙】 ※文字を読みやすい

・アンケートや申し込み用紙など書き込む欄がある
【上質紙】  ※筆記性に優れている

ポイントをまとめさせていただきましたが、発色や光沢の感じ方は人それぞれ変わります。

実際に手に取って確認されたい方はコチラからお問い合わせください。

また弊社サイトでは、コート紙・マット紙をメインで対応させていただいておりますが、上質紙で対応可能な商品もございます。

こちらについてもお気軽にご相談ください!

最後まで、お読みいただきありがとうございます。

少しでも参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました